BCAA最強のエクステンドマニア♪
HOME > エクステンドBCAAってなに? BCAAについてまとめ

エクステンドBCAAってなに? BCAAについてまとめ

エクステンドBCAAの主成分はBCAAです。BCAAと言われても何なのか分かんない人も多いですよね。まずはBCAAの基本知識を分かりやすくまとめてみました。
BCAAとは、筋肉で主に代謝されエネルギー源となる必須アミノ酸分岐鎖アミノ酸、バリン、ロイシン、イソロイシンの総称です。運動パフォーマンスを向上させる、疲労軽減、集中力アップ、筋肉増強など様々な効果がありますね。ボディメイクやダイエットにもBCAAは活躍してます。コンビニなんかで手に入るBCAAを飲んでこんなもんかと思っている人がいるなら、スポーツ用は全然違うので試してみてくださいwww。

Scivation Xtend BCAA 90杯分 【グリーンアップル】

BCAAってなに?

BCAAってなに?

BCAAとは、Branched Chain Amino Acidsの頭文字をとったもので、分岐鎖アミノ酸と呼ばれています。化学構成として連結してつながっているアミノ酸ではなく、分離し単体にされたY字の分岐した形のアミノ酸です。
BCAAは必須アミノ酸のバリン、ロイシン、イソロイシンの3つのアミノ酸を取り出してまとめたもの。体内の筋肉を構成している筋たんぱく質必須アミノ酸の35%がこれにあたり、筋肉のエネルギー代謝にかかわっているので、単体で補給し、運動効率を上げようっていうのがBCAAを飲む目的です。プロテインにも、もちろん含まれているアミノ酸で、よくBCAA○g配合なんて書いてありますが、肝臓で消化分解されてアミノ酸になっていないので、BCAAの素材が入ってるって考えた方がいいです。

BCAAは運動効率を上げるもので、筋肉合成には直接関係してないといわれています。BCAAを飲むと筋肉ムキムキになると思ってる人がいるみたいですが、基本的に間違い。筋肉のエネルギー源で、運動効率が上がって運動量がこなせるようになるので結果筋肉やダイエットに繋がるというものなので、ただ飲んでも筋肉はつかないですよ。筋肉の分解はある程度抑えるけど、根本的に筋肉そのものになるものではないので勘違いしないでね。ムキムキになるにはそれとは別に、プロテインをしっかり飲む必要がありますwww。

必須アミノ酸とは何?

必須アミノ酸とは何? BCAAは必須アミノ酸

人の体は20種類のアミノ酸で出来ています。
ほとんどのアミノ酸は食事や体内で合成できるアミノ酸ですが、体内で合成できるアミノ酸と、体内で合成できない、食事でとる事でしか補給できないアミノ酸で分けられます。
この体内で合成できるものを非必須アミノ酸
食事から摂取しないといけないものを必須アミノ酸
これらのアミノ酸をバランスよく摂取できるのがアミノ酸スコア100のプロテインってわけです。
必須アミノ酸は詳しく言えば、バリン、ロイシン、イソロイシン、リシン、トレオニン、トリプトファン、ヒスチジン、メチオニン、フェニルアラニンの9種類。
今回BCAAで筋肉のエネルギー源で運動効率にかかわっているのはロイシン、バリン、イソロイシンで、それぞれ役割が違ってきます。

ロイシン

BCAAの中で一番重要なのがこのロイシンです。いわば司令塔のような存在で、ロイシンだけを取り出してさらに分解吸収をよくしたものがHMB。筋肉のタンパク質合成を促進したり、タンパク質の分解を抑制する、いわば筋肉を維持管理する役割のアミノ酸で、筋肉代謝のほか、インスリン分泌を促し、たんぱく質の合成促進を行っています。一日の必要量が最も多いアミノ酸ですが、通常のたんぱく質摂取で大抵あまり不足することがないアミノ酸だったりもしますが、年を取って筋力が落ちてくると段々体内の量が減ってくる成分なので、おじさんには必須のアミノ酸になってきます。

バリン

バリンは血液中の窒素バランスを調整しています。窒素バランスの調整って簡単に言うと体内のたんぱく質の量が正しい量を維持しているかということを調整しているわけです。また、運動中の筋肉のエネルギーとして使われるアミノ酸でもあります。

イソロイシン

細胞組織への糖の取り込みに作用し、血糖値の調節に働くことが知られています。
運動中のエネルギーとして使われると同時に、たんぱく質を作っている結構重要なアミノ酸。人の体はイソロイシンが作っているっていうと、ちょっと言いすぎかなwww。血中のヘモグロビンを形成するのにも必要で、これがないと体内の隅々にまで酸素が運べなくなってしまいます。

BCAAのメリット・デメリット

BCAAのメリット

  • 運動中や減量中の筋肉の分解を抑える
  • 集中力が増し、減量中でも体力が持つようになる
  • 筋肉痛が少し緩和する
  • 筋トレや有酸素の疲労が軽減する
  • 筋肉の合成が促進される

メリットは結構多く、トレーニングを維持して筋肉をつける、筋肉の分解を防ぐ(カタボリック)、ダイエットの時のサポートなど運動効率とトレーニング維持にかなりの効果を発揮します。

BCAAのデメリット

  • 自律神経の乱れや睡眠障害が発生する可能性がある
  • 浸透圧性の下痢を起こす可能性がある

デメリットとしては、疲労ホルモンでもあるセロトニン、トリプトファンの分泌を抑える効果もあるので、集中力も増し、よりトレーニングに集中できるようになりますが、そのせいで常に交感神経が優位になる状態が保たれてしまいます。つまり常に興奮している状態www。
日常的に繰り返すと自律神経の乱れが発生する可能性があります。
不眠症や夜眠りが浅いと感じることが多くなったとしたら、夕方近くからは摂取しないなどの対策が必要かもしれません。

メリット・デメリットはかなり個人差があるのも確かなので、理解しておいてください。影響を受けやすい体質や寝る前に飲んでもグースカピーッっていう人もいるので、全ての人に当てはまるわけではないですが、傾向として知っておいて損はないですwww。

BCAAは何のために飲む? 効果のポイント

BCAAの効果1 筋肉合成の促進

BCAAを摂取することによって、筋肉の合成が促進されることが分かっています。BCAAの中のロイシンが筋肉合成に重要な役割を果たしています。その中の一つで、ロイシンは膵臓からのインスリン分泌を促し、インスリンによる筋たんぱくの質合成を増大することが分かっています。もちろん筋トレと合わせてと、筋肉の素材である栄養素が血中に豊富にあるということが重要ですが、筋肉の合成にも一役買ってくれます。

BCAAの効果2 筋タンパク質の分解を抑える

運動を続けていくと、体は脂肪を燃やして栄養素にするより体についている筋肉をエネルギーに変換する方が早くできるので、筋肉を分解してしまうカタボリックという現象が起きてしまいます。
血中グリコーゲンを消費し不足してくると、筋肉を分解してエネルギーにしようとします。それを防ぎ、直接筋肉のエネルギーになるのがBCAA。血中と筋肉内のBCAA濃度が高くなると、BCAAが筋肉内で分解されてエネルギーになることによって、筋たんぱく質の分解を抑制することが分かっています。
ハードな運動をすればするほど筋肉が逆に減ってしまうという変な現象を防いでくれます。特にダイエットをしている人にとっては脂肪が減るのと同時に筋肉が減るのは命取りwww。
ぜひダイエッターにもトレーニング時にはおすすめしたいですね。

BCAAの効果3 筋持久力の向上

BCAAが筋肉のエネルギー源になっているということもあるんですが、同時に疲労ホルモンでもあるセロトニン、トリプトファンの分泌を抑える効果もあるので、集中力も増し、よりトレーニングに集中できるようになります。仕事や勉強で集中力を増したいときに飲む人もいるぐらいです。
集中し、疲労も軽減され動くためのエネルギーも供給される。まさに持久系スポーツのためのサプリと言ってもいいんじゃないですかねwww。

BCAAの効果4 疲労感の軽減と回復の促進

疲労ホルモンでもあるセロトニン、トリプトファンの分泌を抑える効果で疲労感の軽減ということもあるのですが、運動によりBCAAの分解が高まるので、中枢性疲労の予防もしくは回復に効果的である可能性が高いです。また、筋肉の分解を防ぐだけでなく、筋肉自体の修復や筋肥大を助ける役目もあると報告されています。
もちろんエクステンドには疲労回復、筋修復に機能するグルタミンも含まれているので、回復系にもばっちりです。

効果についてのポイントとしてはこんなところです。
簡単にまとめると、疲労困憊になってしまうハードトレーニングも、BCAAを使うと、ちょっと楽になり、集中できるのでさらにトレーニングを続けて追い込むことができるようになる。追い込みができるから筋肉も付くし、運動量も増えるので余計な贅肉も落ちる。こんなふうに理解してもらうと分かりやすいかもしれないですね。楽にトレーニングできるブースター的な特効薬ではないので、その辺は誤解しないでくださいねwww。

BCAAの最大の利点は吸収スピード

BCAAの最大の利点は吸収スピードです。
すでに、化学構成として連結してつながっているアミノ酸ではなく、分離し単体にされたY字の分岐した形の分岐鎖アミノ酸になっていて、飲んですぐ体に吸収される点ですね。

通常食事などで口から摂取したものは、すぐに吸収されるわけではありません。 各消化器官で溶かされ、体内に入りやすい形になってから肝臓などで化学的に消化分解されて初めて体内に吸収できる形に変えられてから役立てられます。BCAAの場合、この工程をすっ飛ばせるわけですよ、肝臓に負担をかけないんですよねぇwww。
消化されて体内に吸収されるのは、通常の食事の場合、3~12時間、ホエイプロテインの場合でも2時間程度かかります。BCAAは、10分~30分程度で吸収され血中濃度を高めることができるわけです。

BCAAの吸収スピードの良さがなぜ利点なのかと言えば、血中濃度を維持しやすいということにつきます。BCAAの効果が一番高いのはもちろん血中濃度が一番高い時。すぐその状態に持って入れるというのがポイントです。
ただ、BCAAってピークに持っていくのも早いんですが、落ちていくのも早いんですよwww。およそ体内で効果を維持できるのは30分でピーク、2時間でほぼ消費が終わってしまいます。
つまり、運動中にポテンシャルをピークで発揮したければ、1時間ごとに自分で調整してBCAAを摂取すれば簡単に体調をコントロールができるということになります。これって結構すごいことで、簡単に飲むだけでコントロールできるってことですよ。他の食事などでは、まずコントロールすることなんて難しすぎてできませんからねwww。

最初はよく分からなくて面倒くさいと思うかもしれませんが、慣れてくると自分で今日のトレーニング時間を調整したり、継続時間を早めに切り上げるのかガッツリ続けるのかが簡単に微調整できるようになってきます。ぜひこの利点をうまく使ってトレーニングを楽しんでみてください。

▲TOPへ
▲TOPへ

▲TOPへ

Copyright (C) BCAA最強のエクステンドマニア♪ All Rights